2006年 02月 12日 ( 1 )




今日のアジリティトレーニング

2006年2月12日(アメリカ時間)

 金曜日に雪が降ったリトルロック。その影響からか、激寒。。。^_^;北海道の寒さに比べたら、どうってことないんだけど、でも、寒いものは寒いです。。(苦笑)。その寒さの中、外でやりました!アジリティの練習。かなり寒かったので、デイジーがその寒さに耐えられるかちょっと心配だったけど、なんとか持ちこたえてくれたので、助かりました。

 今日も先週同様、全てのオブスタクル(障害物)を行い、シークエンス(連続競技)も少しやりました。
・ハードル → トンネル
・テーブル → ハードル
 という内容です。やっぱり、シークエンスまで出来るようになってくると、アジリティの楽しさも倍増(笑)!自分の指示で、犬がオブスタクル(障害物)をクリアしていくのをみると、とっても気分爽快です。ルカは、以前、自分が右側の位置にいるときにくぐるトンネルが苦手だったけど、今日は全く逆でした。トンネルの向きのせいもあったのかもしれないけど。。。テーブルからハードルへの移行はいい感じ♪最近、オフ・リーシュで練習もしますが、暴走することもなくいうこと聞けてます。デイジーは、比較的安定してるので特に問題なし。
 
 ティタータッター(シーソー)の嫌いなルカは、先生からもらえるおやつのお陰で、なんとか板の上を歩けるようになってきました。板の上におやつをおいて誘い、最後には、自らスタスタとティターに登ってました。あとは、体重移動が上手く出来るまでもっていき、恐怖感を取り除ければ次につなげられそうです。
 このあいだ(水曜日)のオビ練では、「大きな音が出てもstayしてられるように!」という練習をしました。先生が、ティターに乗り体重移動すると、『ガタン!』と音が出ます。ルカは、sit-stayの時は、大丈夫だったんですが、down-stayの時になると、ほとんどdown出来ませんでした。言葉でコマンドをかけても駄目だったので、指を地面に付けて「down」と命令もしました。その時は、down出来たけど、結局sitしてしまう・・・という感じでした。もう一人の先生は、『あなたの誘導が悪いのよ。downした後、手を動かすから!』というようなことを言ってました。もちろん、それも理由だと思いますが、一番は、ティターの音が怖くて出来なかったんじゃないかと思ってます。デイジーは、全く駄目だったようで、ティターに向かって唸っていたようです^_^;
 飼い主の命令より、恐怖感が勝るという事は、あたし達は彼らにとってのリーダーにはまだなっていないようです。恐怖の克服が最大の難関でしょうかね。。
[PR]



by yukarin_luca | 2006-02-12 13:12 | ・トレーニング

ルカ ♂ 2004.6.10     食いしん坊・大人しすぎ~   デイジー ♀ 2004.11.15 ビビリなくせに超ハイパー
by yukarin_luca

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧