カテゴリ:・検疫について( 12 )




最高に緊張した15分間

2008年1月11日(アメリカ時間)

今日は、ルカ達を日本へ連れ帰るための集大成・・ともいえるべき大イベント!
健康診断~USDA(日本でいう農林水産省のようなところ)へ行ってきました
c0013693_16335052.jpg


先ずは、簡単に(?)日本へ入国するための検疫についてのお話から。
2004年11月から改正となったこの検疫制度。
往来の制度では、必ず14日間は検疫所での係留が義務つけられていましたが、今回の改正で以下の項目を全てクリアしていれば、12時間以内で検疫を終えることができます。

     *************************************
12時間以内で検疫が終了するための準備リスト
1)マイクロチップの装着 : (ISO)11784及び 11785に適合するもの
2)狂犬病予防注射1回目 : 少なくとも帰国7ヶ月前
3)狂犬病予防注射2回目 : 1回目の接種日から30日以上経過後 
4)狂犬病ウィルスに対する血清中和抗体価の検査
5)抗体保有後の輸出前待機: 採血日から180日以上
6)事前届出書の提出: 帰国40日以上前 
7)届出受理書 
8)出国前の臨床検査: 搭載前2日以内(実際は、10日程以内ならOKのようです。)
9)輸出国政府機関発行の証明書の取得  
*************************************
ここに書いてある以外に、気をつけないといけないこともありまして~

・担当獣医師がUSDA認定かどうか
一番のポイントはここだと思います。
というのも、9)の証明書を取得するためには、このUSDA認定医が書類に必要事項を記入しサインしたものを、USDAのAPHISドクターが確認することで、私達が証明書ゲットできるんですから。
もし、認定じゃない場合は、「他に認定医探さなきゃ!」ってことですから。
この認定医が主治医だと一番話しが早いです。

・抗体価検査の時期
うちのように、いつ日本へ帰るか時期がはっきりしない場合、2回目の抗体価検査は1年半ごとに行わないといけないというのがわかりました。
検疫の準備は2005年から既に始まっていた我が家でした。
1回目の抗体価検査の有効期間(2年間)中に次の抗体価検査を行わないと、輸出待機期間が180日(半年間)なので、有効期間が切れちゃうんですよね。

それでは、本題へ~

More
[PR]



by yukarin_luca | 2008-01-11 17:26 | ・検疫について

ワクチン接種の時期ですね!

2006年4月10日(アメリカ時間)

 今日はルカ&デイジーの狂犬病予防接種と、混合ワクチンを打ってきた。ついでにフィラリアの薬も^^去年、狂犬病予防接種をしたのが、4月12日なのでバッチリ有効免疫期間内。
c0013693_11431052.jpg

 注射前のルカ&デイジー。病院だとわかったのか、若干緊張気味(笑)。2匹とも、触診中は『何されるんだろう・・・』って感じで、足なんかブルブル震えてるし、ルカは相変わらず尻尾下がってるし。おまけにルカは、『びびってるね~(苦笑)』な~んて言われて。。。(笑)。ごめんね~。。日本に行くには、どぉ~~してもやらないといけないからね~~~。フィラリアの検査やそれぞれ6か月分の薬、ワクチンなど、ぜ~~~んぶ合わせて$362.70。

 で、今回のフィラリアのお薬はチュアブルタイプ!初めてのチュアブルタイプで、キャサリンがワクワクしてます(爆)。15日にはあげる予定なので、どんな反応してくれるか楽しみ~♪今までは錠剤を喉の方まで突っ込んで飲ませてたので、吐き出すこともしばしば。。最近は、あたしのやり方も慣れて来たので、上手にのませれるようになったけど、もう、その苦労をしないで済むのね~~(笑)。

 そして、デイジーのベビーティース!4本残ってるんだけど、今回、そちらを取って貰うことにしました。このベビーティースは結構痛いんですよね。。。^_^;デイジーは興奮すると(大抵、喜んでる時)、口をあけてジャンピング・キスをしてくるから、この歯が手に当たって痛いんです。しかも、先日はアバクロTにひっかかり穴あきました。。。(ToT)だから、早く抜けないかと待ってたんですが、ここまでくると自然に抜けてくるのは難しいので手術してもらうことにしました。今週の金曜日(14日)に預けて、夕方引き取りに行くという感じです。なので、この日は、ルカはキャサリンを半・独り占め・・・(笑)。デイジーがうちにきてから、初めてのこと!それとも、デイジーがいなくって寂しがるかな???
[PR]



by yukarin_luca | 2006-04-10 10:36 | ・検疫について

ようやく・・・

2006年3月20日(アメリカ時間)

 金曜日(17日)にお義兄がNYCから戻り、リトルロックを観光。そして、土曜日の早朝、2時15分に起きて、メンフィス空港へ送り、メンフィス~ダラス~日本と経由して帰りました。この日は、日本語補習校の卒業式もあり、超ハードスケジュール(笑)。家に帰ってからは、みんなでまたまた爆寝。日曜日も朝から雨だったので、おうちでまったり~。久しぶりにのんびり過ごしました。明日から又、いつも通りの生活に戻りそうです。

 こちらは、土曜日から雨が降り、全く散歩にいけません。明日は大丈夫そうですが、ストレス溜まってそう。。。といっても、家の中では2匹で走り回って遊べるので、あんまり関係ないのかな?ストレス溜まってるのは、キャサリンだったりしてね。。^^
c0013693_13432997.jpg

              ル:『僕はママと一緒なら、それで幸せです。』

       *****************************

 今回、マイクロチップを読み取るリーダーを購入しました。ルカ&デイジーに埋め込まれているチップは、『Home Again』社の物。こちらは、ISO11785に準ずる規格という事で、検疫の際、日本に入国するには問題ないそうです。しかし、日本とアメリカでは規格が違うので、このタイプだとマイクロチップとしての本来の意味を持ちません。

・日本の規格    15桁
・アメリカの規格  10桁

 Home Again社の規格は10桁。そのため、もし迷子になってしまっても、マイクロチップリーダーが10桁読み取り可能なものではないと、マイクロチップを装着している意味がなくなってしまうのです。それで今回購入に踏み切ったわけですが。。。
 近い将来、マイクロチップの普及率が増え、世界共通になってくれるといいけど。。。まだまだ時間がかかりそうですね。。
c0013693_14192072.jpg

[PR]



by yukarin_luca | 2006-03-20 13:33 | ・検疫について

検疫所への電話

2005年8月27日(アメリカ時間)

 昨日の血清抗体価検査の結果を検査機関が記入する用紙の件のことでは、色々とみなさんからのお話を伺え、とてもいい勉強になりました。ありがとうございます。

 今日早速、あたし達が帰国する際に最初に足を踏み入れるであろう、『中部国際空港』の動物検疫所にTELしてみた。内容はもちろん、検査日が『2004年』になってたこと(詳しくは、昨日の日記を見てくださいね!)。

 とりあえず、その内容を・・・(^^ゞ

キ:『あの~、お尋ねしたいことがあってTELしました。宜しいでしょうか?』
検:『はい、どのようなことでしょうか?』

キ:『血清抗体価の値を検査機関が記入するフォームで、検査日が2004年になってしまってるんです。検査自体は今年・2005年におこなってるんですが。。受付日のほうは2005年5月19日という風に、スタンプしてあるんですけども。。。』
検:『あ~、それは検査機関のミスということでよろしいでしょうか?』

キ:『はい、もちろんです!』
検:『証明書のほうには、もうそのよう(検査日が2004年と)に記載されてますか?』

キ:『いえ、証明書はこれから取得する予定で、今現段階では、抗体価検査を実施し、結果がきた段階ですので、取得はこれからです。』
検:『そうですか。それでは確認いたしますので少々お待ちいただけますか?』
キ:『はい、お願いします!』

     ****************************

検:『お待たせしました。確認しましたところ、証明書のほうに2004年と書かれている場合は、検査機関にクレームをつけ、書き直していただく必要がありますが、、証明書を記入する段階で、そちらの証明書に2005年と明記されていれば問題ないです。』
キ:『え~と。。という事は、例え、ラボからの日付が2004年とかかれていても、証明書を取得する段階で、証明書のほうに2005年と書かれていれば問題ない・・ということでよろしいですか?』

検:『はい。大丈夫です。』
キ:『そうですか!ありがとうございました。』

・・・といったやりとり・・・。こちらの担当者の方。。。非常~に親切で分かり易く説明してくださいました。もちろんお名前も伺い、『また、何かございましたら連絡ください。』とまでも。。(>_<)
か~な~り~、ポイント高いです(笑)!!!

 昨日の夜は、このことでダーリンとの家族会議(笑)を開き、どうするか作戦を練っていた。ラボにこの結果用紙を送るのはかなり危険を伴うから、メールでクレームつけて、正規の検査日付を記入したシールを2枚分送ってもらおうかという話までしていたのだ。
 だって、このラボってば。。。うちに他の人の抗体価検査の結果が書かれた用紙を送ってきたんだから~!もちろん、オーナーインフォメーションがあるのでそちらの住所に検査結果の用紙を送ってあげたけど。。。これがもし逆だったら、今頃どうなっていたことか。。。(-"-)もしかしたら、『うちのじゃないから!』って、捨てられていた可能性も否定できない。。。

 でもまぁ、とにかく検疫所の方のOKがもらえたので、証明書を取得する際気をつけよう~!

 ちょっとほっとしたキャサリンでした・・・・^m^

 追加ですが、こちらのサイトに、検疫の事が少し詳しく載ってるので参考になるかと。。。(^^ゞ以前、アジママさんから、手作り食のことで教えていただいたサイトにちょうど検疫のことも載っていたので。ありがとうございます、アジママさん!
[PR]



by yukarin_luca | 2005-08-27 12:06 | ・検疫について

検疫の疑問あれこれ・・・

2005年8月26日(アメリカ時間)

 最近、米国在住のペットを飼っている奥様達(一部です・・・)の間で話題の『検疫』・・・。すでにご存知の通り、2004年11月から新制度が実施され、動物にとっては検疫期間が大幅に短縮されるので、負担が軽くなる。ただ、新制度に変わってからかなりの疑問などがあるのは確かで、私たちにもまた新たな疑問が。。。。。今回、お友達のtakuさん・akkoさん・かんままさんとの間で疑問になったのが・・・

◆抗体価検査の結果を記入する用紙は一体どれ??
どんな用紙でもいいのか、それとも指定された用紙に記入なのか。。などなど。。。

ちなみにキャサリン家の抗体価検査の結果の用紙はこちら↓
c0013693_761879.jpg

・検査ラボ名
・血清受付日
・オーナー・インフォメーション
・検査実施日
・検査結果の値
・検査実施者のサイン
が記入されている

この様式は、農林水産省の動物検疫所のHpでダウンロードしたもの。確か、検査ラボ名が載っているページでダウンロードしたような気がするのだけど。。。調べたが、何故かPDFファイルが開けなく、エラーになるために確かめることが出来なかった。不確かな情報でごめんなさい。。

検疫に関する手引書の(3)・血清中和抗体価の検査の項目を読むと、

◆血液の採取及び指定検査施設への送付は、あらかじめ指定検査実施施設に連絡を取り、検査申請書並びに血液の入った容器の表示方法、血清分離の有無、輸送方法に関する情報を入手した上で行ってください

・・・・・とある。それで、このフォームをダウンロードした気がするんだけど、合ってるのだろうか??takuさんやakkoさんのとは全く違う様式になってしまったので、これまた不安になってしまったのだ。
そして、この検査実施日に問題が。。。
c0013693_7152133.jpg

c0013693_7162445.jpg

↑下の写真のほうが、検査実施日の日付なんだけど、『2004年』になってるの!!!
はぁ~??今何年だと思ってんの?!2005年よ!に・せ・ん・ご・ね・ん<(`^´)>!!!・・・これで、動物検疫所に電話するきっかけが出来てしまった。。(苦笑)

 最後に、検疫のことでいろんな方のお話や意見・疑問などを話すことが出来て、非常に嬉しく、そして感謝しています。本当にありがとうございます。これからも情報交換できれば幸いです。みんなでこの検疫・・乗り切りましょう!そして、晴れて無事に日本に入国できることを祈りましょう~!!
[PR]



by yukarin_luca | 2005-08-26 06:56 | ・検疫について

抗体価検査の結果

2005年6月6日(アメリカ時間)

 今日、先日行った狂犬病に対する抗体価検査の結果が届いた。結果はもちろん基準値以上!これであと6ヶ月間米国に滞在し、採血日から6ヵ月後の11月18日以降から日本に行くことが出来る。(検査結果は採血日から2年間有効)ただ、びっくりしたのがうちの結果のほかに、全く知らない人の検査結果が同封されていたこと!!もしこれが逆の立場だったら、うちに検査結果が届かなかったかもしれない。明日にでもその人に送ってあげよう。

 先日『Puttin' on the Petz』さんで1缶だけ購入したpuppy用の缶詰を食べさせてみた。
c0013693_1165118.jpgもちろん彼らが食べる前に、ダーリンはちょこっとだけ味見。ついでにあたしもしてみた☆すごい!味がある!!で、少し油っぽい。色んなお肉と野菜が入っていて、匂いもかなりいい。これは食欲をそそる。お肉はささみやターキー等が、野菜はにんじん、豆等が入っていた。これには二人ぺロット完食。お皿まで綺麗に舐めていた(*^^)v
  しか~し!!!
油分が強すぎたのか、下痢Pさん。。。。。可哀そうに。。。一日に3~4回以上は二人でかわるがわるにしていた。さすがにこれはもうあげられない。。。もう買うのは止めよう。
c0013693_1118215.jpg

デイジー:『とってもおいちかったのにぃ~~~!じゃんねんでしゅぅ~☆彡』
[PR]



by yukarin_luca | 2005-06-06 10:38 | ・検疫について

子猫ちゃん

2005年6月3日(アメリカ時間)

 今日、お友達のMNさんちに行って来た。なんと生後5週目の子猫がおうちにいるというので見に行ってきた。なんでもお子さんの小学校の先生のところで、子猫が産まれたので、誰か貰ってくれないかと連れてきてたそうだ。初めは、『駄目!』といっていたMNさんも、子供の『欲しい!!』というパワーに根負けし、飼う事にしたという。うんうん。。。よくある話だ。あたしも子供の頃はよくそういって、親に駄々をこねたものだ。・・・全て却下だったけど。。。(泣)で、その子猫ちゃんがこちら~↓!名前は『Ryo』君!!(・・・勝手にローマ字にしましたが、違うかも・・。)
c0013693_121235.jpg

んもぅ~、超超超~可愛いんですよぉ~~~~~(≧∀≦)やっぱり子猫の可愛さは犯罪ですわ~。一気に心を奪われてしまいそう~。この子は生後5週目にも関わらず、しっかりおトイレも覚えているお利口さん♪子供達も皆可愛がっているようだし。。。良かったね~、いいとこに貰われて~~!
 ルカとデイジーも連れてお邪魔したのだけど、Ryo君は怖かったようで、爪を出し『シャー!!』っと威嚇。そりゃそうだよね~。あんなでっかい物体(ルカ)見たら怖いよね~。ルカはあまり気にしていないようだったけど、デイジーが興味津々。遊びたそうぅ~に『クンクン』と鳴いていた。ごめんね~。Ryo君は興奮して遊びどころではないから、無理よ~。
 
 こちらのご家族も来年にはもしかすると日本に帰国かもしれない・・・ということで、子猫ちゃんを見に行くだけでなく、検疫の話をしてきた。こちらが一番の目的だったな。。今日は。。。来春(三月というと、Ryo君がちょうど10ヶ月。アメリカを出国し、日本に入国できる動物の月齢はちょうど10ヶ月から。。。もしかしたらこれでひっかかるかもしれない。なので、こちらは農水省に問い合わせてもらうことにし、検疫の手引書を渡した。猫もわんこと同じように、マイクロチップの挿入と、狂犬病、もちろんワクチン接種が必要となる。あまり時間がない為、Ryo君の場合はすぐに準備に入らないといけなくなるだろう。
[PR]



by yukarin_luca | 2005-06-03 11:54 | ・検疫について

抗体価検査

2005年5月17日(アメリカ時間)

 今日はルカ&デイジーの病院の日。狂犬病の抗体価が出来上がってるか、血液を抜き、指定のラボ(検査所)に抜いた血液を送って調べてもらうのだ。この数値が基準値に達していれば、結果が出てから6ヵ月後には日本に行くことが可能。それから最高2年間は検疫時の拘束時間が12時間以内で済む。はぁ~、やっとここまでこぎつける事が出来た!マイクロチップを3月に挿入してから・・長かったなぁ。今月中には結果が出るはずなので、それを待つとしよう!

 話は変わり・・・急ではあるけど、明日ルカが去勢手術をされることになった。Dr.にいつ出来るか確認すると、『うちはいつでもOK!』ということだったので、『じゃぁ、明日で(^^ゞ』とお願いした。水曜日の朝に預け、その後手術。そして、木曜日にお迎えだ。ルカにとっては初めての病院でのお泊り・・・そして、手術。デイジーにとっても初めて一人っ子気分を味わう時・・・。さてさて、どうなるのかしら~?明日は頑張れよ~ルカ~~~!!

c0013693_13272055.jpg

ルカ:『え?!おかまになるって??僕ぁ~聞いてませんぜぃ?!』
[PR]



by yukarin_luca | 2005-05-17 13:15 | ・検疫について

2回目の狂犬病注射

2005年4月12日(アメリカ時間)

 今日はルカ&デイジーの狂犬病予防注射2回目接種の日。病院に行き、先生が来るまで、診察室内で待っていると、ルカは病院だとわかったのか、なんともいえない声を発していた。『え~、嫌だよ~!今日は何すんだよ~??』とでも言っていたのか?クンクン鳴いていた。
 そのうちに、先生が登場。前回は検疫の為に狂犬病予防注射を打ってもらうだけで、かなりの時間がかかった(詳しくは、3/10の日記を見てみてね!)が、今日はバッチリ☆彡なんと、先生は英語版の検疫について書かれた書類を手にしていて、目を通してくれていたらしい。一応、こちらも前回の先生との約束で、英語版の書類を用意しておいたが、必要なかったらしい。良かった、理解してくれているようだ♪前回は検疫に必要なことを大まかに説明したが、今日は、次回の狂犬病の抗体価検査について話をした。いつ頃その検査をするかということだったが、資料を読んでいてくれたお陰ですぐに検査日も決定。検査日は来月17日となった。

 農水省の資料によると、2回目の狂犬病予防注射を接種してから、10日以上経過後、血清中和抗体価の値を調べないといけない。これは、狂犬病への免疫がついているかついていないかを調べるもの。ある一定の値を上回っていないといけない。(万が一、基準値を下回っていた場合は、再度狂犬病予防注射を接種する必要がある)で、この抗体価検査はどこでも行えるものではなく、決まったラボ(研究室)に採取した血液を送り、そこで調べなくてはいけない。アメリカ国内だとテキサス州はヒューストンにラボがあるそうなのでそちらに送ることになりそうだ。

 話は戻り・・・早速注射をして頂く。ルカは今日は泣かなかった。偉いぞルカ!ついでに耳の毛を抜いてもらい、爪も伸びてるとこだけを切って貰い、あ~スッキリ!ワクチンも打ってもらったので、もう完璧ね~(*^^)vデイ姫は狂犬病注射のみ。相変わらず注射されてもケロっとしている。先生が書類に記入している間、お預かりのわんこなのか、ミニダックスちゃんが乱入してきた。尻尾フリフリでとっても可愛い子。デイジーが挨拶したそうだったので、放してあげると、デイジーも尻尾フリフリ。なんて珍しい!!ルカ以外のわんこにあんなに愛想良く自分から行くなんて初めてだわ~。大きさもデイジーくらいだったし、何よりしつこくないのが良かったのかもね~(笑)よっぽど気に入ったのか、その子を追いかけて診察室の奥へと消えていってしまった(-_-;)・・・あんたねぇ~。。。デイジーは呼ぶとすぐに来てくれるので、その辺が彼女のとってもいいところ♪来た所をガッチリ掴んで、はい、御用。チョロチョロするな~!!

 全てが終わりうちへ戻ると、よっぽど疲れたのか、2匹で爆睡!ご苦労様でした~!さぁ、次はいよいよ血液検査だよ~!
c0013693_12323262.jpg

ルカ:『え?なんですと??血を抜くなんて一言も聞いてませんですぜい?!』
c0013693_12264591.jpg

デイジー:『デイちゃんは寝むいんで、どうでもいいでしゅ~』
[PR]



by yukarin_luca | 2005-04-13 12:34 | ・検疫について

動物病院へ

2005年3月10日(アメリカ時間)

 最近PCの動きが遅くて、2人は超イライラモードに(--〆)。ネットの動きも悪くて、そちらにもすご~~~く時間がかかる。『あ゛~~~』短気なキャサリンには限界が・・・!!そこで、ダーリンの出番!昨日まで、2~3日の間ダーリンにPC内の写真整理をしてもらった。・・・というか、してくれた(ラッキー♪)空き容量も残りわずかだったのでちょうどよかった♪で、なんとか復帰。もしや、ヅラで遊びすぎたのが原因か。。。??(*BBSに若干写真の添付ありますので、そちらを参照)

 話は変わり昨日、動物病院に行って、ルカ&デイジーの狂犬病の注射を打ってもらった。結果的には昨日担当してくれたDr.(いつもの担当Dr.じゃなかったのよ~)はしてくれたんだけど。。。。。そこにたどり着くまでにとっても大変だった(-_-;)どうやら、アーカンソー州では、狂犬病注射は年に1回の予防でいいと決まっているので、ルカは打てないと言われた。しかも、必要のない事をしすぎると、「過剰だ!」と言われて訴えられるという。ん?ちょっと待って~~~!!!今日は、狂犬病の注射をするって予約してあるんですけど~。今までの先生には検疫の事も話してあるし、カルテに書いてないの~?こっちがして欲しいっていってもダメなの~??って、一瞬青ざめた。すぐにダーリンが検疫の話をそのDr.にもしてくれたけど、ダメ。話を分かってもらえない。しかも、その検疫に関しての内容を英語で翻訳してあるのはないかと言い出してきた。あたし達も用意していけば良かったんだけど、見つけられなかったし、予約が入ってるからいいと思っていた。そこで、ダーリンは紙に検疫の内容を簡単に説明書きしながら、何度も何度も説明し、よ~~~~~やく分かってもらえた。しかも、『大変だね。。』のお言葉まで。。^^;あ~良かった。一時はどうなる事かと思った(ーー;)
 で、来月に2度目の狂犬病注射をして、(狂犬病の)抗体価測定。その時に検疫の資料の英語版を渡す事にした。やっぱり、日本人の少ない地域だとあまり検疫に関しての知識がないみたい。日本人の多い地域では、逆にアメリカの動物病院の先生から検疫の日本語版を渡す所もあるみたいだけど(これはどこかのブログ日記を見て知りました。)・・・。
 ダーリン、お疲れ様でした!本当にありがとう!!
c0013693_11502927.jpg

ルカ:『ホントにパパお疲れっ!!ボク、嬉しくってこんな顔になっちゃった☆』


さてさて、今日のルカ&デイジーは長くお留守番させられて(4時間)、その鬱憤を晴らすかのようにアパートの前の庭を爆走~!
c0013693_11524481.jpg

デイジー:『さぁ、兄たん!、しゅんしょく(俊足)のデイちゃんをちゅかまえられましゅか~?』
ルカ:『・・ハァ、ハァ。。。で、デイちゃん。。ボクもう限界なんだけど。。体力ありすぎ。。』
[PR]



by yukarin_luca | 2005-03-11 11:57 | ・検疫について

ルカ ♂ 2004.6.10     食いしん坊・大人しすぎ~   デイジー ♀ 2004.11.15 ビビリなくせに超ハイパー
by yukarin_luca
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧